天気予報

25

16

みん経トピックス

運動消費で途上国に給食寄付イデー自由が丘で木の器展

学芸大の古書店でオオクボリュウさん展示フェア カレンダー原画販売も

学芸大の古書店でオオクボリュウさん展示フェア カレンダー原画販売も

オオクボリュウさんの展示フェア「Drawing For New Year」では2016年カレンダー用に描き下ろした習作(原画)12点を展示する

写真を拡大 地図を拡大

 学芸大学駅東口の古書店「SUNNY BOY BOOKS」(目黒区鷹番2)で現在、オオクボリュウさんの展示フェア「Drawing For New Year」が開かれている。

定番「月表カレンダー」をモチーフにしたデザインで、その上から落書きしたようなユニークなテイストの「CALENDER 2016」

 イラストレーターで映像作家のオオクボさんは1989年生まれ。2012年、多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業。イラストレーターとしては雑誌「POPEYE」「BRUTUS」「TRANSIT」などの挿絵、ミュージシャン細野晴臣さんの著書の装丁などを手掛けたほか、映像ディレクターとしては斉藤和義さん、後藤正文さん(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、快速東京などのミュージックビデオのアニメーション制作を担当するなど、若手クリエーターとして多方面で活躍している。

 同展ではオオクボさんが2016年用カレンダーのために描き下ろしたA4サイズの習作(原画)12点の展示をメーンに、カレンダーなどの関連グッズを販売する。

 店主の高橋和也さんは「オオクボさんのイラストには程よく力の抜けた線と特徴的な色が使われている。展示初日からオオクボさんと同世代と思われる若い人が多く来店している」と話す。「思いつきでオオクボさんに当店のウインドー一面にイラストを描いてもらった所、店頭で立ち止まって写真を撮る方が増えた」とも。

 販売グッズは、カレンダー原画(各1万2,000円)、2016年カレンダー(2,000円)、スウェット(6,000円)、缶バッジ(オオクボさんサイン入り、500円)、ロングスリーブTシャツ(4,850円)など(以上、税別)。

 営業時間は、平日=13時~22時、土曜・日曜・祝日=12時~21時。金曜定休。2月25日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

仏パリ発のヴィエノワズリー専門店「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール自由が丘」が食育パン講座「アカデミー・ドゥ・リチュエル」(写真)を開講
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング