天気予報

12

5

みん経トピックス

自由が丘発テニスプレーヤーR20クリスマススイーツ

犬のフィギュア作家・伝陽一郎さんの個展-ギャラリー自由が丘

  • 0
犬のフィギュア作家・伝陽一郎さんの個展-ギャラリー自由が丘

クリスマスシーズンをイメージした「Doggie Xmastide」展ポスター

写真を拡大 地図を拡大

 自由が丘駅南口・緑道沿いにある「ギャラリー自由が丘」(世田谷区奥沢2、TEL 03-6318-1526)で11月21日より、犬のフィギュア作家・伝陽一郎さんの個展「Doggie Xmastide」が開催される。

 1953年生まれの伝さんは、イラストレーターとして広告、雑誌、絵本などで活動後、1990年前半から粘土を素材とした立体イラストの制作を開始。1999年には、愛犬でミニチュア・シュナウザーの「Babs」をモチーフにしたフィギュア作品を発表し、2005年「第9回文化庁メディア芸術祭/アート部門・審査委員会推薦作品」入選、2006年「第57回全国カレンダー展・日本印刷新聞社賞」などを受賞。現在は、オリジナルブランド「DENS CRAFT」としてさまざまな犬種のフィギュアや絵本などのグッズを制作、ムック本「犬と暮らす家。」(ワールドフォトプレス)などの連載も持つ。

 伝さんのフィギュア作品は、犬種それぞれの特徴を生かした愛らしい表情とポーズが特徴。伝さんは自身の作品について、「犬の飼い主ならではの視点と発想で、犬の何気ない日常のワン・シチュエーションをすくい取って形にしている。犬を飼っている人たちに『あるある!』『こんな顔する!』とうなずいてもらえるような、飼い主と一緒に今の空気を吸って生きている犬たちを作っていきたい」と話す。

 3年ぶりの個人展となる今回は、定番・新作フィギュアと平面作品を合計約30~50点展示する予定。「クリスマスシーズンをイメージした展示を計画中」(伝さん)という。会期中は、伝さんと愛犬Babsも会場に姿を見せ、「フィギュア」(全8種予定=3,000円~20,000円)をはじめ、ポストカード、携帯ストラップ、絵本などのオリジナルグッズ約10種類の販売も行う。「今まで写真や画像でしかお見せできなかった作品も展示するので、この機会にぜひオリジナルを見て楽しんでいただければ」(伝さん)とも。

 会場は、愛犬同伴で入場可能(ただし、マナーベルト着用のこと)。営業時間は12時~19時(初日のみ13時から、最終日は15時30分まで)。11月26日まで。

ギャラリー自由が丘伝陽一郎(DENS CRAFT)公式サイト

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

自由が丘北口エリアにあるスープ専門店「also Soup Stock Tokyo(オルソ スープストック トーキョー)」がグッドデザイン賞を受賞した
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング