3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

自由が丘南口で天然クリスマスツリー点灯式 ジャズライブやマルシェも

天然のモミの木を運び込んで装飾する自由が丘南口のクリスマスツリー(写真は今年のツリーイメージ)

天然のモミの木を運び込んで装飾する自由が丘南口のクリスマスツリー(写真は今年のツリーイメージ)

  • 0

  •  

 自由が丘南口の九品仏川緑道で11月26日、「Marie Claire Christmas 2016」クリスマスツリー点灯式が行われる。主催は自由が丘南口商店会。

写真は昨年(2015年)のクリスマスツリー点灯時の様子

 石畳の並木道が数百メートル続く、自由が丘の憩いの場として親しまれている同所。「街の中に生きたモミの木を飾ることで自然の偉大さと大切さ身近に感じてもらいたい」と、同商店会は毎年、天然モミの木を使ったクリスマスツリーを設置している。

[広告]

 モミの木は、商店会関係者が群馬県嬬恋村の森へ毎回足を運び、樹齢30~40年の「樹形の美しい木」を選んで根付きのまま同所へ運び込む。「今年はクリスマスツリーらしい、バランスのよい枝ぶりのモミの木に出合えた」といい、昨年のモミの木(高さ約6メートル)を超える大きさになるという。今年も全体を暖色のLED電球でライトアップし、クリスマス終了後は木を産地へ帰す。

 同ツリーと合わせて、今年は同所に植えられているサクラの木にもイルミネーションを施す。自由が丘駅南口・改札口付近からはモミの木が直接見えないことから「街へ遊びに来た皆さんを『お出迎え』する木」として、見通しの良い位置にあるサクラの木(1本)を選び、淡いピンクと緑のLED電球でライトアップする。

 当日のプログラムは、青木英二目黒区長と東急電鉄の各駅長によるツリー点灯セレモニー(16時45分~)のほか、Y.D.CREW(ヤハタダンスクルー)によるヒップホップパフォーマンス(15時~)、Buddies「Christmas Jazz Live」(16時20分~、17時5分~計2回)を予定している。

 そのほか、12時からはモミの木の産地・群馬県嬬恋村の特産品などを販売する「マリ・クレール クリスマスマルシェ」、「ミニおもちゃ博」(おもちゃの病院ほか)などのイベントも同時開催する。

 イルミネーションの点灯時間は16時30分~24時。12月25日まで。

Stay at Home