3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

自由が丘のクラフトアイスクリーム工房「ヒオアイスクリーム」がXマスケーキ予約販売

王道のイチゴアイスケーキ「ストロベリーアイスクリームケーキ」

王道のイチゴアイスケーキ「ストロベリーアイスクリームケーキ」

  • 0

  •  

 クラフトアイスクリーム工房「HiO ICE CREAM Atelier(ヒオ・アイスクリーム・アトリエ) 自由が丘」が現在、クラフトアイスクリームを使ったクリスマスケーキの予約販売を行っている。

少しほろ苦い大人向けアイスケーキ「りんごタタンアイスクリームケーキ」

 クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」(目黒区)は今年4月に創業。創業者で同社社長兼CEOの西尾修平さん自ら日本各地の素材を探し求めて直接買い付け、「素材本来の良さを引き出せるよう」少量ずつ作るハンドメードのアイスクリームが特徴。自由が丘・北口エリアの九品仏川緑道沿いにある全面ガラス張りの同店はスクープショップを併設した工房で、アイスクリームを作る工程を間近で見ることができる。

[広告]

 初のクリスマス商品は、王道のイチゴアイスケーキ「ストロベリーアイスクリームケーキ」と、少しほろ苦い大人向けアイスケーキ「りんごタタンアイスクリームケーキ」(各直径12センチ=2,800円、税別)の2種類。

 「ストロベリーアイスクリームケーキ」は、ダックワーズ(アーモンド風味のメレンゲ)のサクサクとした生地の上に、北海道弟子屈町産イチゴを使ったイチゴミルクアイスクリームとイチゴのコンポートを重ね、全体を同ブランドのシグネーチャーフレーバー「美瑛シングルオリジンミルク」のアイスクリームで包み込んだ。

 「りんごタタンアイスクリームケーキ」は、ダックワーズ生地の上に「美瑛シングルオリジンミルク」のアイスクリーム、「RED APPLE 赤石農園」(青森県)産のリンゴをキャラメリゼしたものを重ね、その周りをほろ苦い焦がしキャラメルのアイスクリームで仕上げた。

 予約期間は、店頭=12月12日まで、「HiO ICE CREAM ONLINE」=12月8日まで(無くなり次第終了)、引き渡しは店頭のみで同20日~25日。

 営業時間は11時~18時。月曜・火曜定休。

Stay at Home