3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

学芸大の書店で写真家・更井真理さん写真展 作品の世界観楽しめる演出で

フォトグラファー・更井真理さんの写真集「DELUSION」から

フォトグラファー・更井真理さんの写真集「DELUSION」から

  •  
  •  

 ニューヨークを拠点に活動するフォトグラファー・更井真理さん写真展「DELUSION × のぞき展」が1月10日、東横線・学芸大学駅の書店「BOOK AND SONS」(目黒区鷹番2、TEL 03-6451-0845)で始まる。

フォトグラファー・更井真理さんが昨年出版した写真集「DELUSION」

 更井さんは奈良県生まれ。米Santa Monica Collegeで写真を学び、東京、ロンドンで活動後、2014(平成26)年から拠点をニューヨークへ移した。「Interview Magazine」「Harper’s Bazaar International」「エル・ジャポン」など国内外の著名誌やセレブリティのポートレートなどを手掛け、第一線で活躍する。

[広告]

 展名にもなっている「DELUSION」は、昨年5月に出版した自身3冊目となる写真集で、2016(平成28)年から2018(平成30)年にかけて更井さんのプライベートな友人たちを被写体として撮り下ろした。「妄想」を意味するタイトル通り、更井さんがずっと抱えているという妄想癖、恐怖心にフォーカスした内容で、更井さんによれば「ニューヨークで出会った人々が、妄想をかきたてた。これは恐怖や妄想をフィルター越しに見つめ、自身の内面を撮り続けた作品集でもある」という。

 アートディレクションは、ファッション・デザイン界の巨匠と呼ばれるファビアン・バロンさんが、編集はファッション誌「SILVER」を手掛けるTHOUSAND・千葉琢也さんが担当したことでも話題を呼んだ。

 同展について、企画担当者は「過去に開催した個展を元に、彼女の世界観を楽しめる仕掛けを施した内容になる」と話し、14点の作品を展示する。合わせて写真集「DELUSION」の販売も予定している。

 開催時間は12時~19時。入場無料。水曜定休。今月26日まで。初日にはレセプションパーティー(17時~19時、参加無料)も行う。

Stay at Home