食べる

自由が丘のクレープ専門店「クレープス・ノ・カ・オイ」、クリスマス限定メニュー提供

クリスマス限定で提供するデザートクレープ「クリスマスリース」

クリスマス限定で提供するデザートクレープ「クリスマスリース」

  • 6

  •  

 ハワイアンクレープ専門店「Crepes No Ka 'Oi TOKYO(クレープス・ノ・カ・オイ トウキョウ)」(世田谷区奥沢2、TEL 03-5726-9904)が11月25日、クリスマス限定メニュー「ハワイアンホリデー ~自由が丘でハワイをあじわうクリスマス~」の提供を始めた。

【写真】食事系クレープメニュー「ホワイトクリスマス」

 ハワイ・オアフ島にあるクレープ専門店「Crepes No Ka ‘Oi (クレープス・ノ・カ・オイ)」の日本1号店として今年6月にオープンした同店。「オールデー・さまざまなシーンでクレープを楽しんでほしい」と朝7時から営業し、本国で人気の定番メニューのほか、日本独自のメニューやベジタリアン向けのクレープも提供している。

[広告]

 同店は「(コロナ禍で)ハワイへ行けない時期だからこそ、家族、友人、大切な方との心のつながりをより感じられるような、ぬくもりあふれるひとときを過ごしていただきたい」と2種類のクリスマス限定メニューを用意した。

 食事系クレープ「ホワイトクリスマス」(1,380円)は、赤ワインとオレンジで煮込んだ自家製のイチジクのコンポートにグリルチキンを合わせたもの。「コンポートの上品な甘さとチキンの塩気がマッチし、ワインなどのお酒にも合う」という。

 デコレーションが目を引くデザートクレープ「クリスマスリース」(1,480円、以上税別)は、バターとバニラが香るクレープ生地に求肥で包んだバニラアイス、イチゴを添えたもの。クレープをカットすると、中からミルクチョコレートが溶け出し「甘いもの好きにはたまらないデザートクレープ」に仕上げた。

 営業時間は7時~19時(金曜~日曜・祝日は21時まで)。第3水曜定休。限定メニュー提供は12月25日まで。ただし、新型コロナウイルス感染症対策のため、販売時期と内容を変更する場合は公式インスタグラムで随時案内する。