食べる 買う

尾山台で「ハッピーロード納涼まつり」 出店屋台で地元の小中学生が一日店員に

写真は、尾山台商栄会商店街振興組合が今年3月に開催したイベント「6年生が地域とつながる尾山台marche 2022」の様子

写真は、尾山台商栄会商店街振興組合が今年3月に開催したイベント「6年生が地域とつながる尾山台marche 2022」の様子

  • 37

  •  

 小中学生の職業体験と地域交流を目的としたイベント「ハッピーロード納涼まつり」が7月30日、開催される。主催は尾山台商栄会商店街振興組合青年部。

[広告]

 通称「ハッピーロード尾山台」で知られる同組合は、東急大井町線尾山台駅から環状8号線まで南北に延びる約360メートルの商店街で、現在約110店が加入する。

 初開催となる同イベントは、同組合の商業活性化だけを目的とするのではなく、「地元の小中学生が職業体験や地域交流をする機会を提供したい」と企画したという。

 きっかけとなったのが、キャリア教育の一環で世田谷区立尾山台小学校6年生(当時)と今年3月に開催したイベント「6年生が地域とつながる尾山台marche 2022」。子どもたちの「実際に商店街で働いてみたい」との声に対し、コロナ下での職業体験は受け入れる店舗の負担も大きいことから同組合が1日限定のイベントを企画し、子どもたちはその手伝いとして参加した。

 今回のイベントでは、飲食や雑貨などの「屋台」17店舗に小中学生がスタッフとして入り、商品の販売や調理の補助などを行う予定。商店街の街づくりに共に取り組んできた地元の東京都市大学の学生や地域の大人たちも手伝いに参加するといい、「多世代が交流できる機会になれば」と同組合は期待する。

 同組合の荒井事業部長は「久しぶりにハッピーロードでお祭りを開催するので、少しでもまちの皆さんに喜んでもらい、商店街の活気につながれば。商店街の魅力ある店が出店するので、来場いただきたい」と呼びかける。

 開催時間は13時~19時。荒天の場合は翌31日に順延予定。 

※上記イベントは新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、小中学生の職業体験参加は中止となりました。イベント自体は開催されます。(7月28日発表)

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース