見る・遊ぶ

自由が丘駅前でクリスマスイルミ点灯式 3年ぶりにクリスマスキャロルも

今年の自由が丘駅前イルミネーション「The Glittering World」(写真提供:自由が丘商店街振興組合)

今年の自由が丘駅前イルミネーション「The Glittering World」(写真提供:自由が丘商店街振興組合)

  • 1

  •  

 クリスマスイルミネーション点灯式「サンクスリバティ 2022 クリスマスキャロル in 自由が丘」が12月4日、自由が丘駅前・女神広場で行われる。主催は自由が丘商店街振興組合。

旭会による天然モミの木のクリスマスツリー(城南信用金庫自由ケ丘支店前広場)

[広告]

 同組合によるイルミネーションは毎年、自由が丘の玄関口・駅前正面口ロータリーで点灯する。今年は「The Glittering World(ザ・グリッタリング・ワールド)」をテーマに、緑地に設置した高さ約3メートルのラウンドドーム型イルミネーションをメインに、花壇、ケヤキの計3カ所のイルミネーションで構成。日没後は駅前を暖かいともしびで照らし出す。

 自由が丘駅前「自由が丘1-29地区」の再開発事業の着工を来年度に控えることから、同組合担当者は「皆さんの日常が明るく輝く世界に、生まれ変わりゆく自由が丘の未来が輝ける世界になりますようにと願いと込めた」と話す。

 点灯式は、コロナ禍による規模縮小開催を経て、3年ぶりにクリスマスキャロルの合唱などを行う。プログラムは、玉川小羊幼稚園クリスマスキャロル(14時5分~)、M's HIPHOP(エムズヒップホップ) クリスマスダンスショー(14時50分~)、たまリバウインドアンサンブルライブ(15時40分~)、イルミネーション点灯セレモニー(16時30分~)、自由が丘ゴスペル・クワイアライブ(16時50分~)。

 点灯式イベントと連動し、12月3日・4日には自由が丘商店会のクリスマスイベントも行われ、クリスマス向けのワークショップなどを展開する。南口商店会「サンクスリバティ in マリクレール」(4日=13時~17時)、自由が丘広小路会「広小路クリスマスフェスティバル」(3日・4日=11時~17時)など。

 駅前イルミ「The Glittering World」の点灯時間は16時30分~翌1時30分。来年2月14日まで。このほか、南口・九品仏川緑道(南口商店会)と北口・城南信用金庫自由ケ丘支店駅前広場(旭会)の2カ所では、天然モミの木を使ったツリーを現在ライトアップしている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース