3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

「デザインカプチーノ」「ラテアート」教室が人気に-自由が丘のカフェで

6月4日に開催した「ラテアート発表会」の教室風景

6月4日に開催した「ラテアート発表会」の教室風景

  • 0

  •  

 自由が丘駅南口のカトレア通り沿いにあるカフェ「cafe one(カフェ・ワン)」(目黒区自由が丘1、TEL 03-3718-7866)で定期開催中の「デザインカプチーノ」「ラテアート」講習会が人気を集めている。

 同店の小山真オーナーは、エスプレッソにスチームミルクを注ぐときにできる2色のコントラストで描き出す「ラテアート」を得意としており、ピックを使って表面に動物や花を描く「お絵かきカプチーノ」(600円)は同店で人気メニューとなっている。講習では、そのテクニックを2,500円で学べることから、昨年7月の開店以来、参加者は150人を超えるという。

[広告]

 通常は、家庭用エスプレッソマシーンでも描けるデザインカプチーノを中心に教えるが、6月4日に開催した「ラテアート発表会」では、イタリア製チンバリ社の業務用エスプレッソマシーンを使って本格的なラテアートに挑戦。空気を含ませるようにいれるスチームミルクの作り方、ミルクを入れたピッチャーの動かし方のコツを教わり、ハートやリーフなどのアートを描いていく。

 講習会最後には、参加者全員の前で一人ひとり発表用のラテアートを制作して小山オーナーや前田美帆店長らが味の審査を行う。「アートの仕上がりだけでなく、味も大切な要素。注ぎ方を変えるだけで、ミルクとエスプレッソのやわらかい味わいが生まれる」(小山オーナー)という。

 参加者の中には、同店の講習会がきっかけでラテアートの大会へ参加するまで腕を上げた人も。「受講料を手ごろな料金に設定にしたのは、ぜひ皆さんにこの楽しさを知ってもらいたいから。回を重ねるうちに参加者同志の輪も広がっており、これからも続けていきたい」(同)と話す。

 営業時間は、平日・土曜・祝日=12時~17時、18時30分~24時、日曜=12時~17時。

「ラテアート発表会」参加者作品(関連画像)自由が丘南口にカフェの新店-手作り雑貨の販売コーナーも(自由が丘経済新聞)秋田のカフェで「ラテ・アート」が話題に-客のリクエストに対応も(秋田経済新聞)コーヒー産業に迫るドキュメンタリー「おいしいコーヒーの真実」-渋谷で公開(シブヤ経済新聞)代官山・商業施設「sarugaku」にカフェ-各国のコーヒー豆取りそろえ(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home