天気予報

16

5

みん経トピックス

目黒で毎夏恒例ほたる祭り駒沢で「スポーツ博覧会」

奥沢駅前にコーヒー専門店-シングルオリジンコーヒー12種類を提供

  • 0
奥沢駅前にコーヒー専門店-シングルオリジンコーヒー12種類を提供

「コーヒーっておいしいね」という人を増やしていきたいと話す店主でバリスタの松浦真吾さん

写真を拡大 地図を拡大

 奥沢に6月15日、コーヒー専門店「ITTA COFFEE okusawa(イッタ コーヒー オクサワ)」(世田谷区奥沢3、TEL 03-6451-7480)がオープンした。

白と黒を基調としたファサードが目を引く「ITTA COFFEE okusawa」

 店主でバリスタの松浦真吾さんは大手飲料メーカーで商品開発およびマーケティング責任者を務めた経験を持つ。世界各地のコーヒー豆を扱ってきたが、「よいコーヒー豆を選んでも、商品の製造過程でどうしても鮮度が落ちていく。入れたてのおいしさを毎日気軽に飲める価格で提供したい」と開業を決意した。

 目黒線・奥沢駅前の自由通り沿いの旧「迎茶」跡の路面で、店舗面積は40平方メートル。白と黒を基調としたシックな店内は1階がカウンター席=4席、2階はセルフスタイルのテーブル席=12席。

 コーヒー豆は全てトレサビリティーが生産農家まで明確なシングルオリジンコーヒー。グアテマラ、メキシコ、エルサルバトルなどの中南米、ケニアなどのアフリカ、アジア・オセアニアの各エリアからセレクトした約12種類を常時ラインアップ。松浦さんがハンドドリップする姿が見られるオープンカウンターには、焙煎(ばいせん)前の薄緑色の「生豆」と、中いり・深いりした「焙煎豆」を並べ、客の好みなどを聞きながらコーヒー選びをアドバイスする。

 自家焙煎コーヒー豆(焼き上がり200グラム=900円~)は電気式の熱風式ロースターで焙煎。基本となる「焼き具合」の好みを細かく設定することが可能で、深さや酸味など客のリクエストに合わせてアレンジする。

 店内で提供するハンドドリップメニューは、オリジナルブレンドコーヒー(3種類=380円)、プレミアムシングルオリジンコーヒー(400円~)、オリジナルとシングルのラインアップから2杯選んで飲み比べができるセット「テイスティングコーヒー」(560円~)、カフェオレ(460円)。2杯目以降の注文は1杯につき半額で、コーヒー豆購入客は200円引きで提供する。

 そのほか、エスプレッソ(280円)、キャラメルマキアート(460円)、アイスコーヒー(380円)、イタリアンオーガニックソーダ各種(580円)などもそろえる。

 オープンから約1カ月がたった。地元住民をメーンに平日は豆売り、週末は夫婦やファミリーの利用が見られるという。「奥沢はコーヒー文化が根付いていて、お客さまもゆとりのある方が多い印象を受けた。気軽に立ち寄ってもらい、コーヒーのおいしさにはまってもらえたら」と松浦さん。今後はコーヒー教室などの開講も予定する。

 営業時間は10時~19時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

自由が丘駅改札内に東急百貨店運営の小型食品専門店「東急フードショースライス自由が丘店」がオープン。ベーカリー「ヒンメル」出店
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング