見る・遊ぶ

碑文谷「ライズ・ギャラリー」、併設デザインストアをリニューアル

碑文谷「RISE GALLERY(ライズ・ギャラリー)」に併設するデザインストアの外観

碑文谷「RISE GALLERY(ライズ・ギャラリー)」に併設するデザインストアの外観

  • 0

  •  

 目黒通り・柿の木坂交差点「ダイエー碑文谷店」裏にある「RISE GALLERY(ライズ・ギャラリー)」(目黒区碑文谷4、TEL 03-6303-3986)は8月5日、併設のデザインストアをリニューアルオープンした。

「RISE GALLERY」デザインストアで取り扱う作家の一人、版画家の杉本陽子さんの作品

[広告]

 昨年から現代美術の企画シリーズ「Creativity continues」を展開する同ギャラリー。新進気鋭の若手作家数人に焦点を絞り、1年間にわたって各作家の個展、その作家を軸とした企画展を毎月開いている。

 同ギャラリーの一角にあるデザインストアでは、デザインプロダクトなどの雑貨を中心に取りそろえてきたが、「アーティストのオリジナル作品をより身近に、暮らしの中で気軽にアートを楽しんでもらいたい」と今回リニューアル。九谷焼や波佐見焼の陶器、版画、立体作品など常時30~40点ほどを展示販売する。

 取り扱う作家は、岩崎幸之助さん(石彫)、笠原光咲子さん(木彫)、さとうまきさん(ガラス)、杉本陽子さん(版画)、鈴木厚さん(陶芸)、長坂梨七子さん(版画)。「普段作品を見る機会が少ない石彫や木彫の彫刻家」なども含め、20代前半の若手からキャリアもある中堅までの平面・立体作家をラインアップした。

 版画原版そのものをブローチにした杉本さんのユニークな作品や、独自の世界観を一つ一つ丁寧に描き込む鈴木さんの陶器、小さな花を添えるとより作品が引き立つ岩崎さんの石彫作品「水太鼓石」などがあり、価格は1,000円~2万円台のものが中心。

 「ギャラリーや美術館の展示でしか見る機会がない作家たちのオリジナル作品を、気軽に手に取っていただける楽しいデザインストアを目指した。散歩のついでに立ち寄っていただけたら」と同ギャラリーの木村菜穂子さん。

 営業時間・営業日・定休日は同ギャラリー本展示に準じる。9月10日からは版画家・杉本陽子さんのフェアを開催予定(10月20日まで、12時~19時、月曜・火曜定休)。 

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース