食べる 買う 暮らす・働く

自由が丘駅南口で「マリクレールフェス」、北口で「THE J」 同時開催

自由が丘駅北口で開催される「THE J SUNSET AREA」みずほ信託銀行自由が丘支店前には特設ラジオブースも(写真は昨年の様子)

自由が丘駅北口で開催される「THE J SUNSET AREA」みずほ信託銀行自由が丘支店前には特設ラジオブースも(写真は昨年の様子)

  •  
  •  

 自由が丘で5月28日・29日、自由が丘の商店会によるイベント「Marie Claire Festival」「THE J SUNSET AREA」が同時開催される。

自由が丘駅南口エリアで開催される「Marie Claire Festival」(写真は昨年の様子)

 南口商店会による「マリクレールフェスティバル」は、自由が丘駅南口に面したマリクレール通り、緑あふれる遊歩道が続く九品仏川緑道の2会場で行われる人気イベント。「フランスの街角で行われているフェスティバル」をイメージした演出で、新緑の下でワインとシャンソンが楽しめる。前日27日には「前夜祭」も行う。

[広告]

 期間中、緑道にはステージとオープンテラス席を設け、昼のステージは大道芸人による「コメディーパフォーマンスショー」、夜のステージはシャンソン生演奏が楽しめる「街角のシャンソニエ」が行われ、沿道にはワインや飲食ブースも多数出店する。

 マリクレール通りでは恒例のワゴンセールのほか、人気のおもちゃで遊べる「こども広場」(会場=フレル・ウィズ自由が丘付近)が出店。「こども商品券」が当たるゲーム(一部有料)なども用意する。

 昨年始まった自由が丘駅前中央会によるイベント「THE J」は、自由が丘駅北口(正面口)で雑貨やファッションの店舗が数多く並ぶサンセットエリア付近で行われる。屋外マーケットやカフェ、特設ラジオブースを展開する。

 通りにはパン・コーヒー・植物の人気ショップが最大25店舗出店する屋外マーケット「BLOOM&BAKE グリーンマーケットin Jiyugaoka」が並び、「キッチンカー エリア」(会場=タイムズ自由が丘第11駐車場)ではドリンク&フードのケータリング販売を行う。

 自由が丘の人気店8店のスイーツが楽しめる屋外カフェ「THE J CAFE」(会場=みずほ銀行自由が丘支店駐車場)が今年新たに登場。「街ナカピクニックでスイーツを楽しもう」をテーマに緑あふれる会場を演出するという。

 会場内の特設ラジオブース「イッツコム・FMサルーススタジオ2016」からは、横浜市青葉区のコミュニティFM「FMサルース」とのコラボで会場の模様を生中継するほか、テーマごとにゲストを交えて自由が丘の魅力や今を伝える会場限定番組などを放送する。

 そのほか、両イベントに合わせ「買って応援、食べて応援!熊本復興マルシェ in 自由が丘」(29日12時~17時)も緊急同時開催が決まった。熊本震災で特に被害が大きかった地域の被災農家への全額支援を目的に、野菜、果物、米、農産物加工品(予定)を販売する。

 開催時間は、マリクレールフェスティバル=12時~20時(29日は19時まで)、THE J=12時~18時。熊本復興マルシェに関する詳細は「自由が丘インフォメーションセンター」(TEL 03-5731-7274、10時30分~18時30分)まで。

  • はてなブックマークに追加