3密を避けて新しい生活様式へ!

「イデー」自由が丘店、開業日は3月20日-記念の限定エコバッグも

「イデーショップ自由が丘店」外観イメージ

「イデーショップ自由が丘店」外観イメージ

  • 0

  •  

 オリジナル家具・インテリアプロダクトのデザイン・製造販売・外食産業などを手がけるイデー(世田谷区)は、同社最大の旗艦店「イデーショップ 自由が丘店」(目黒区自由が丘2)のオープン日を3月20日に決定した。

 家具、雑貨、ファブリック、キッズ用品、書籍、CD、アート、グリーン、カフェと「イデー」の世界観を表現した新店舗は、自由が丘北口エリアに建設した地上4階建ビルに出店。各フロアに自然光が差し込むガラス張りのビルは、周辺の通りでもひと際目立つ存在で早くも自由が丘北口のランドマークとなりそうだ。

[広告]

 同社初出店となるパティスリー(1階)は、季節のケーキ各種(320円~)やクッキー、フィナンシェ、パン、伝統菓子などを毎日店内工房で製造、作りたてを提供する。テークアウトで利用できるほか、店内のカフェ(4階)でもメニューとして取り扱う。

 ワインとともに本格的なディナーも提供するカフェ(4階)店内は、ダイニング席、バーカウンター席、ラウンジ席、ペット同伴可能なテラス席の約60席。ヨーロッパの家庭料理をベースにしたメニューは、「サーモンと辛味大根のディルマリネ」(1,200円)、「こがね鶏のディアボロ」(1,600円)、「からすみと菜の花のペペロンチーニ」(1,200円)などを用意する。

 同店オープン記念アイテムとして、ミニトートバッグ「VIRON TOTE by IDEE」(=ベース4色、各2,625円)を限定200個販売。バッグ本体はフランス産の小麦粉「VIRON」の袋を、ハンドルには革の端材を使うなど、1点1点柄や色合わせが異なるエコバッグになっている。

 このほかオープニング企画展として、ロンドン在住の写真家・KIYOTAKA HATANAKAさんの写真集出版を記念した作品展覧会「Columbia Road Flower Market - KIYOTAKA HATANAKA」を開催。ロンドンのフラワーマーケットで買い物を楽しむ人々の姿をとらえたモノクロ写真の数々を全館で展示する。

 営業時間は、1階~3階=11時~20時、4階カフェ=11時~23時。

イデー自由が丘に「イデー」最大の旗艦店-3月オープンへ(自由が丘経済新聞)ヒルズ内「イデーカフェ」閉店へ-3月、自由が丘で再オープン(六本木経済新聞)イデー、青山に新体制後初の直営店-オリジナル家具投入(シブヤ経済新聞)イデー新店舗、2月表参道エリアにオープンへ-新体制後初(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home