見る・遊ぶ

自由が丘でイラスト展「70年代なんて知らない」 70年代モチーフに15人が描く

 「15人のイラストレーターによる『70年代なんて知らない』展」から、伊野孝行さんの作品

 「15人のイラストレーターによる『70年代なんて知らない』展」から、伊野孝行さんの作品

  •  
  •  

 「15人のイラストレーターによる『70年代なんて知らない』展」が10月3日、ギャラリー自由が丘(世田谷区奥沢5、TEL 03-6715-6551)で始まる。

 日本が高度経済成長期にあった1970(昭和45)年、アジアでは初となる「日本万国博覧会(大阪万博)」が開催され、日本中が沸いた。「1970年代は高度成長期の繁栄に沸いていた日本から、個の内実を見つめようと人々の意識が変容していった時代だった。同時に、多様な若者の都市文化が光と影を放ちながら熱を帯びて輝いていた。そんな70年代の出来事をピックアップし、年代も異なるイラストレータたちがそれぞれの解釈でそれらを表現したら面白いのではないか。そんなアイデアから始まった」と同展を企画したギャラリー担当者は話す。

[広告]

 社会に衝撃を与えた「三島由紀夫割腹事件」、赤軍派メンバーが東京発の日航機を乗っ取った「よど号ハイジャック事件」、人々をテレビ中継にくぎ付けにした連合赤軍による「あさま山荘事件」などの昭和史に残る事件から、プロ野球巨人の長嶋茂雄選手の現役引退、アメリカの若者たちを描いてセンセーショナルを巻き起こした米映画「イージーライダー」、記録的大ヒットとなったシングル「およげ!たいやきくん」といった若者文化まで多様な出来事を選んだという。

 参加イラストレーターは、吉岡里奈さん、中村幸子さん、ごとうえみこさん、高田理香さん、水上多摩江さん、井筒りつこさん、メグホソキさん、スガミカさん、山崎綾子さん、櫻井砂冬美さん、小池アミイゴさん、早乙女道春さん、山﨑杉夫さん、伊野孝行さん、阪口笑子さんの15人。

 開催時間は11時~19時(最終日は17時まで)。10月9日まで。

SmartNews Awards 2019