3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

自由が丘のパイナップルケーキ専門店が「ニューイヤーケーキ」 期間限定販売

「新しい味覚の月餅」として創作した「SunnyHills ニューイヤーケーキ」

「新しい味覚の月餅」として創作した「SunnyHills ニューイヤーケーキ」

  •  
  •  

 台湾発パイナップルケーキ専門店「SunnyHills To-Go at Jiyugaoka(サニーヒルズ トゥ-ゴー 自由が丘)」(世田谷区奥沢5、TEL 03-6421-1330)が現在、期間限定商品「SunnyHills ニューイヤーケーキ」を販売している。

(写真左から)「パイナップルニューイヤーケーキ」「りんごニューイヤーケーキ」

 台湾で「円満」や「完璧」の象徴として古くから縁起物として親しまれている伝統菓子「月餅」を、古くから伝承されたレシピと新しい調理技術を掛け合わせて「新しい味覚の月餅」として創作した同商品。2種類のケーキを詰め合わせた。

[広告]

 「パイナップルニューイヤーケーキ」は、しっとりとした生地でカスタードクリームを包み、同店「自慢」の甘酸っぱいパイナップル餡(あん)が引き立つように仕上げた。パイナップルの花が幾重にも重なって華やかに咲きこぼれる様子は「幸運の象徴」と言われており、「長く胸に秘めた願いはきっと叶う」との思いを込めて作ったという。

 「りんごニューイヤーケーキ」は、同店独自の糖漬け工程でゆっくり煮込んだフィリングを使い、紅玉りんごの甘酸っぱさとシャキシャキとした食感が特徴。もっちりとしてやわらかいケーキ生地には天然蜂蜜を加え、優しい甘さが口に広がることで「心も癒され、幸せな気持ちを呼び起こしていただけたら」という。

 同店担当者は「台湾の月餅はとても有名だが、今回提供する『ニューイヤーケーキ』は台湾の月餅ほど重くはなく、食べやすいのが特徴。当店では初となる『丸い』形のケーキで見た目のかわいらしさもお勧め」と話す。

 8個入り(各4個)で3,500円(布袋付き)。2月ころまで販売予定。営業時間は11時~19時(14時~15時は休み)。

Stay at Home