3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

目黒区が母子手帳アプリ「めぐろ子育てホッ!とナビ」 子育て情報や施設検索も

目黒区の子育て支援アプリ「めぐろ子育てホッ!とナビ」

目黒区の子育て支援アプリ「めぐろ子育てホッ!とナビ」

  •  
  •  

 目黒区は4月1日、子育て支援アプリ「めぐろ子育てホッ!とナビ」の提供を始めた。

 IT関連会社「エムティーアイ」(新宿区)が開発した母子手帳アプリ「母子モ」を、ICT(情報通信技術)を利用した新たな子育て支援策として目黒区が導入した。同社によると、「母子モ」はこれまでに全国220以上の自治体で採用されているという。

[広告]

 区はこれまで子育てに関する施策や施設、イベント、区民編集委員が作成したレポートなどの育児情報をポータルサイト「めぐろ子ども子育てネット」で発信してきたが、「スマートフォンを利用する子育て世代の増加に伴い、プッシュ通知などアプリならではの機能を活用して新しい情報発信を行いたいとアプリ導入を決めた」と話す。

 基本機能は、出産前の妊婦検診記録や子どもの身長や体重がグラフ化される「成長記録」、写真やメッセージと共に子育てを記録できる「できたよ記念日」、成長記録や健康データを家族間で閲覧できる「家族共有」、接種ワクチンを選択するとスケジュールを通知する「予防接種管理」など。

 区独自の機能としては、区からの知らせや子育て支援サービス情報、区民編集員による子育てコラムを掲載する「地域の子育て情報」、公園や児童館などの施設や医療機関などを経路検索できる「子育て支援施設の検索」、子どもと一緒に参加できるイベントが検索できる「地域イベント」などを備える。

 目黒区子育て支援課利用者係の担当者は「何かと忙しい子育て世代の皆さんに『あっ、便利だな』と思っていただけるような、知りたい情報が探しやすい、分かりやすいウェブサイトとアプリにしていきたい」と言う。

 合わせて「子どもの成長に合わせた情報をプッシュ通知で配信するなどリアルタイムで情報をお届けできるので、区と子育て中のかたとをつなぐ新たなコミュニケーションツールとして多くの方に活用いただき、安心して楽しく子育てができるようにしていけたら」とも。

 利用無料。App StoreまたはGoogle Playから「母子モ」で検索しダウンロードする。

Stay at Home