3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

ハワイ発クレープ専門店「クレープ ノカオイ」 自由が丘に海外1号店 

自由が丘南口・自由が丘通り沿いにオープンする「Crepes No Ka 'Oi TOKYO(クレープ ノカオイ トウキョウ)」ファサード

自由が丘南口・自由が丘通り沿いにオープンする「Crepes No Ka 'Oi TOKYO(クレープ ノカオイ トウキョウ)」ファサード

  •  
  •  

 ハワイ・オアフ島にあるクレープ専門店「Crepes No Ka ‘Oi (クレープ ノカオイ)」の日本1号店「Crepes No Ka 'Oi TOKYO(クレープ ノカオイ トウキョウ)」(世田谷区奥沢2、TEL 03-5726-9904)が6月20日、自由が丘南口エリアにオープンする。

朝食系クレープ「サウスウェスト」

 「クレープ ノカオイ」は2008(平成20)年、米ハワイ・オアフ島のカイルア地区にハワイ出身のクリスさんとフィリピン出身のカケイさん夫妻がオープンしたクレープハウスで、店名はハワイ語で「最高」を意味する。メニューは「もっちりとした甘さ控えめ」が特徴のクレープ生地に、地元の新鮮な食材を使い、食事系からスイーツ系まで幅広くラインアップする。

[広告]

 自由が丘店は、「朝食、ブランチ、ランチ、アフタヌーンティー、ディナーとオールデーでさまざまなシーンで楽しんでほしい」と朝7時から営業し、本国で人気の定番メニューのほか、日本独自のメニューやベジタリアン向けのクレープを用意。小麦粉アレルギーの人でも食べられるよう、クレープ生地をグルテンフリーなそば粉(=ガレット生地)に有料で変更できるサービスにも対応する。

 場所は自由通り沿いのビル路面店で、店舗面積は70.17平方メートル(約21.21坪)。店舗はハワイを思わせるミントグリーンと白を基調とした明るい雰囲気で、テーブル席25席、テラス席10席を用意。犬用リードステーションも備える。

 定番メニューは、ソテーしたオニオンやチキンにフレッシュな卵やトマト、コクのあるチーズを合わせた朝食系クレープ「サウスウェスト」(1,240円)や「クレープ ベネディクト」(1,000円)、パイナップルジュースで煮込んだキューバスタイルのポークが入った食事系のセイボリー(塩系)クレープ「アイランド キュバーノ」(1,360円)や「ベジタリアン」(1,240円)、生地に溶かしバターとフレッシュレモンジュース、きび砂糖を加えたスイーツ系クレープ「ハワイアン シュガー」(800円)など。

 同店限定メニューは、日本人にはなじみ深い「いちご大福」をイメージしたという「ビッグ ラック」(1,240円)、ワインで煮込んだイチジクのコンポートにバニラアイスと蜂蜜、ブルーチーズを合わせた「フレンチ イン トキオ」(1,420円、以上税別)を用意する。

 自由が丘への出店理由について、同店を経営するファンテリア(港区)の打木麻紀さんは「自由が丘の街は、都会のにぎやかさと生活感が程よく融合し、おしゃれなカフェやレストランが根付いている。住宅地にありながらショッピングモールや雑貨店のあるカイルアの街に近しい雰囲気を感じた」と言い、「立地や条件が合えば、今後は日本で店舗を展開していきたい」とも。

 営業時間は7時~21時。新型コロナウィルス感染症対策のため、席数を変動する場合がある。混雑状況などは公式インスタグラムで随時案内する。

Stay at Home