3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

猫の顔をかたどったチーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」 自由が丘に1号店

猫の顔をかたどったチーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」

猫の顔をかたどったチーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」

  •  
  •  

 猫の形のチーズケーキ専門店「ねこねこチーズケーキ」の1号店「ねこねこチーズケーキ 自由が丘店」(目黒区自由が丘1、TEL 03-6421-1208)が5月20日、自由が丘北口エリアにオープンした。

「バゲットラビット 自由が丘店」に併設する「ねこねこチーズケーキ 自由が丘店」外観

 ベーカリー「ハートブレッドアンティーク」などを展開するオールハーツ・カンパニー(名古屋市中区)の新ブランド。同社が昨年、猫の顔をかたどった食パン専門店としてオープンし、SNSでも話題となった「ねこねこ食パン」の姉妹ブランドとなる。

[広告]

 場所は自由通り沿いの路面店で、同社が2018(平成30)年にオープンしたベーカリー「バゲットラビット 自由が丘店」に併設するテークアウト専門店。

 主力商品は、別名「チーズの王様」と呼ばれる白カビチーズ「ブリー・ド・モー」を使った「ねこねこチーズケーキ」(11センチ、475グラム=1,800円)。チーズケーキの種類としては「ベイクド」だが、レアチーズケーキのようななめらかな舌触りが特徴で、自家製杏ジャムと合わせたことで「絶妙に変化していく新感覚の奥深い味わい」という。

 このほか、カスタードを合わせたチーズクリームとブルーベリージャムをパイ生地でサンドした「ねこねこチーズパイ」(330円)、猫の足跡をかたどった「にくきゅうマドレーヌ」(10個入り=480円、以上税別)などの焼き菓子もラインアップ。「今後も『ねこ』をモチーフにした商品を随時追加していく予定」という。

 同社広報担当者は「おいしいはもちろんのこと、『ねこ』というキーワードから『かわいい』『癒やし』など、商品を通して皆さまに幸せをお届けできるお店でありたい」と言い、「ご自身の『おうちカフェ』として、お友だちやご家族の『おうち時間』にも贈りたくなるようなスイーツブランドにしていけたら」と話す。オープンと合わせて、商品は同社公式オンラインストア「オールハーツモール」でのお取り寄せも始めた。

 営業時間は9時~20時。ただし当面の間、新型コロナウイルス感染拡大防止策として営業時間を短縮する。最新の状況については公式SNSで発表する。

Stay at Home