食べる 買う

「めぐろ地元のお店応援券」第2次販売迫る 目黒区民以外でも購入可能に

  • 12

  •  

 目黒区と目黒区商店街連合会は10月3日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減った区内の飲食・小売・サービス業店の利用を促すプレミアム付き商品券「めぐろ地元のお店応援券」の第2次販売を行う。

 9月5日に発売を開始した第1次販売では、事前申し込みを行った目黒区民のみが対象だったが、今回は販売対象を拡大し、16歳以上であれば誰でも購入できるようにした。発行規模は、第1次・第2次合わせて20万セット・総額15億円分。

[広告]

 プレミアム率は、東京23区の各自治体が発行するプレミアム商品券の中でも最も高い50%で、7,500円分の商品券を5,000円で購入できる。購入上限は、1人10セット(5万円)まで。利用できるのは、目黒区商店街加盟店舗のうちステッカーが掲示された店舗が対象で、大手スーパー、量販店などは利用対象外となる。有効期間は販売当日から来年2月28日まで。

 販売当日は、目黒区商店街連合会(目黒区目黒2)をはじめ区内9カ所に特設会場を設けるほか、各エリアの商店街店舗13店でも取り扱う。販売所や同券を利用できる店舗などの詳細は「目黒区商店街連合会」ホームページで確認できる。販売時間は10時~16時。

 区内最大の商店街加盟店約1300店を抱える自由が丘商店街振興組合では、自由が丘の店舗で同券を利用した人が参加できる抽選会「自由が丘2020プレミアム応援券プロジェクト」を9月から展開しており、第2回(10月25日)、第3回(12月6日)を実施する。

Stay at Home