見る・遊ぶ

自由が丘のギャラリーで透明水彩画とガラス作品の2人展 色彩のコラボ

「がらすとすいさい」展から、イラストレーターの宮内ヨシオさんの作品

「がらすとすいさい」展から、イラストレーターの宮内ヨシオさんの作品

  • 110

  •  

 イラストレーターの宮内ヨシオさんと、ガラス作家ミヤウチモネさんによる2人展「がらすとすいさい」展が7月26日、ギャラリー自由が丘(世田谷区奥沢5、TEL 03-6715-6551)で始まった。

【画像】ガラス作家ミヤウチモネさんの作品

[広告]

 同ギャラリーでの作品展は3回目となる宮内さんは1964(昭和39)年、東京生まれ。多摩美術大学美術学部テキスタイルデザイン専攻卒業。透明水彩絵の具を使った温かな作風で、雑誌や書籍、広告などの作品を幅広く手がけている。子どもを対象とした作品も多く、NHK Eテレ「いないいないばあっ!」で流れる山下真木子さんの楽曲「うみにいこう」「おやまにいこう」「プレゼント」のイラストにはファンも多い。

 作家として今回初出展となるミヤウチさんは、多摩美術大学工芸学科ガラス専攻4年に在学中のガラス作家。熱したガラスに吹きさおを使って息を吹き込み、空中で膨らませながら型を使わずに成形する技法「宙吹き」を中心に作品を制作。「日常に彩りと小さな幸せを取り入れられるような作品を目指している」(ミヤウチさん)という。

 同展では、宮内さんは「宮内ヨシオ 2022カレンダー」で発表した透明水彩画の原画を中心とした約30点を、ミヤウチさんはゴブレットやコップ、花瓶など約30点を展示する。作品は一部を除いて販売する。同ギャラリー担当の大岩明美さんは「透明水彩画作品とガラスが作り出す色のコラボレーションで、夏を感じていただけたら」と話す。

 開催時間は12時~19時(最終日は17時まで)。入場無料。8月1日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース