食べる

自由が丘「モンサンクレール」がクリスマスケーキ10種類 配送商品も

モンサンクレールの今年のクリスマスケーキ商品の一部(手前中央から時計回りに)「ピュール」「シャルマン」「ノエルフレーズ」「「コンパシオン」「マロン・ド・リュクス」「レヴリ・ピスタ」

モンサンクレールの今年のクリスマスケーキ商品の一部(手前中央から時計回りに)「ピュール」「シャルマン」「ノエルフレーズ」「「コンパシオン」「マロン・ド・リュクス」「レヴリ・ピスタ」

  • 6

  •  

 自由が丘のパティスリー「モンサンクレール」(目黒区自由が丘2、TEL 03-3718-5200)が現在、数量限定クリスマスケーキの予約を受け付けている。

モンサンクレールが手がける定番ショートケーキ「ノエルフレーズ」は4号から10号まで7種類のサイズ展開

[広告]

 世界で活躍するパティシエ・ショコラティエの辻口博啓さんが1998(平成10)年、シェフとして初めて手がけたパティスリーとして知られる同店。クリスマスケーキは毎年人気を集めている。

 今年は「花言葉」をテーマに、素材の持つ花言葉から着想を得たという新作ケーキを用意。併せて、同店のスペシャリテ「セラヴィ」のクリスマス仕様や、イチゴを使った定番のショートケーキ「ノエルフレーズ」、シュトーレンなど全10種類をラインアップする。

 新作ラインアップは5種類。マンダリンオレンジを使ったムースとオレンジリキュール・グランマルニエを忍ばせたショコラムースを合わせた「ピュール」(直径15センチ×高さ4.5センチ=6,200円)、イタリア産ピスタチオムースと三重県ブランドイチゴ・よつぼしを使った濃厚で甘酸っぱいムースを重ねた「レヴリ・ピスタ」(縦17センチ×横7センチ×高さ4センチ=5,800円)、甘酸っぱく濃厚なブラックベリーとカカオをふんだんに使ったチョコレートガトー「コンパシオン」(27センチ×6センチ×6センチ=7,200円)、桃とバニラのムースにフランボワーズジュレを組み合わせた「シャルマン」(直径15センチ×高さ4センチ=7,200円)、クリームからビスキュイ、ムースまで栗尽くしの「マロン・ド・リュクス」(配送商品、15センチ×5センチ=5,800円)。

 定番のショートケーキ「ノエルフレーズ」は4号(直径12センチ)から10号(30センチ)まで7種類のサイズを展開する。価格は4,040円~2万1,200円。

 配送商品は、同店のロングセラー「ノエルアニバーサリーショコラ」(直径15センチ×高さ3.5センチ=3,800円)、ノエル仕様の「ノエルセラヴィ」(14センチ=4,800円、15センチ=5,800円)、石川県産の加賀梅酒でじっくり漬け込んだ洋梨や桃、サクランボ、アンズ、リンゴを使ったフランス菓子「ベラベッカ」(2,800円)、10種類以上のドライフルーツとナッツを巻いて焼き上げたドイツ菓子「シュトーレン」(3サイズ、2,900円~1万650円)。

 営業時間は11時~18時。水曜定休。予約受け付けは12月12日まで。店頭受け取りは12月23日~25日、配送商品の出荷は12月15日~18日。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース