3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

学芸大学駅西口に「豆金餃子」2号店-際コーポが出店

「豆金餃子」看板メニューのひとつ、「ダンダンギョーザ」(440円)

「豆金餃子」看板メニューのひとつ、「ダンダンギョーザ」(440円)

  • 0

  •  

 飲食店の経営・プロデュースを手がける際コーポレーション(目黒区)は6月2日、学芸大学駅西口エリアに中華料理店「豆金(まめきん)餃子 学芸大学店」(目黒区鷹番3、TEL 03-5772-4271)をオープンした。

 「豆金餃子」直営店としては、六本木ヒルズ店に続いて2店舗目。ギョーザ、麺類、から揚げなどカジュアルな中華メニューをそろえ、「『ちょっと一杯』の店として使っていただくのに最適」(同社)なのが特徴。

[広告]

 同店は、学芸大学西口商店街から一本入った路面店で、店舗面積は34坪、席数は57席。外観と内装はブラウンを基調とし、シンプルにまとめた。

 主なメニューは、緑豆と大豆入り一口サイズの「豆ギョーザ」(10個=290円)、鶏肉と野菜でさっぱりと仕上げた「ダンダンギョーザ」(2段=440円)、「鶏皮あぶり揚げ」(380円)、「黒胡麻担々麺」「白胡麻担々麺」(各780円)など。ギョーザやから揚げなどのテークアウトも可。

 学芸大学エリアへの出店について、「グルメエリアとして認知されていて話題性もあり、美味を求めて訪れる方も多いので出店を決めた」(同社)といい、近隣客をメーンに幅広い年齢層をターゲットに見込む。想定客単価は、昼=780円~880円、夜=1,600円。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~23時(変更の場合もあり)。

国立にNYソーホーをイメージしたギャラリー&カフェ-際コーポが新業態(立川経済新聞)中華街「大勝パーマ」跡に餃子専門店-際コーポが出店(ヨコハマ経済新聞)際コーポレーション、外苑前に新業態トラットリア-新進シェフ起用(シブヤ経済新聞)際コーポレーション、西麻布に新業態和食店-魚料理中心に(六本木経済新聞)際コーポレーション

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home