見る・遊ぶ 暮らす・働く

マンション専門「ベランダガーデニング講座」-特殊環境対策を伝授

ベランダガーデニングイメージ画像

ベランダガーデニングイメージ画像

  •  
  •  

 室内用グリーンアレンジメント教室「リベルテ自由が丘校 緑のサロン」(世田谷区奥沢5、TEL 03-3725-6067)は6月6日より、マンションのベランダ緑化を楽しみたい人を対象に「ベランダガーデニング講座」を開講する。全2回。

 マンション住まいが多い都会では、ベランダスペースに土や芝を敷いて花や植物を育てたり、タイルやウッドパネルを敷いたりして憩いの場にする「ベランダガーデニング」愛好家が多く、関連商品の需要も伸びている。ただ、同教室の主宰者でグリーンデザイナーの大倉里抄さんによれば、「ベランダをおしゃれな緑あふれる空間にしたくても、どこから手をつけてよいか分からないのが現状。ベランダは特殊な環境で、夏場は強風、高温、乾燥が激しい。普通のガーデニングとは異なる専門知識も必要」と話す。

[広告]

 受講生からの要望に応えて企画された同講座は、屋上ガーデンやバルコニーなどの特殊緑化のデザインを手がけてきた大倉さんが講師となり、各自のベランダの環境に合うデザインや植栽方法をレクチャーする。

 1回目「施工編」では、簡単に作れる床や壁について取り上げ、図面の描き方やデザインをする上でのポイント、おしゃれな資材の仕入れやタイル・ウッドデッキ作りの方法などを学ぶ。2回目「植栽編」では、ベランダでも育つ樹木や草花について学びながら、実際に各自のベランダをデザインする。真夏の高温や強風でも元気に育つ緑や、ベランダを美しく見せるデザインのコツなども伝授。

 受講料は1回3,500円(「植栽編」は野菜の苗が付く)。1回のみの受講も可能。開講日は、「施工編」=6月6日・7日、「植栽編」=同20日・21日。開講時間は各日10時~11時30分。定員は各日7人。参加申し込みは、「緑のサロン」サイトで受け付ける。

自由が丘南口に盆栽技術を応用したミニグリーンアレンジメント教室(自由が丘経済新聞)サレジオ教会前の複合施設にグリーンショップ-都市デザインシステム(自由が丘経済新聞)山口の造園会社敷地内にアンティーク雑貨店-姉妹を中心に社員が手作り(山口経済新聞)緑のサロン

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019