自由が丘最大のイベント「女神まつり」-初のエコプロジェクトも

「女神まつり」駅前の特設ステージ。両日13時からイベントあり

「女神まつり」駅前の特設ステージ。両日13時からイベントあり

  •  
  •  

 10月7日・8日の2日間、例年数十万人が訪れる自由が丘最大のイベント「自由が丘女神まつり」が開催される。主催は自由が丘商店街振興組合(目黒区自由が丘1)で、開催は今年で35回目。

 毎年10月に開催する同イベントは、自由が丘駅前ロータリーに建つ「女神像」を囲むように作られたステージでの各種イベントショーをメーンに、商店街などによる飲食・物品販売、イベントブースを街中で展開するもの。

[広告]

 同イベントについて、同組合事務局の中山雄次郎事務長は「この祭りのグランドコンセプトは『女神が主催するガーデンパーティー』。日ごろ自由が丘にいらっしゃる方々に楽しんでいただきたいとの思いから、街の商店主たちが毎年手作りで企画している」と話す。

 駅前のメーンステージでは、本格派サルサバンド「SALSA SWINGOZA」(8日)ほかライブステージ、自由が丘美容師会によるヘアショー「自由が丘コレクション2007」(7日)、子ども向けのキャラクターショーなどが行われる。

 中でも注目を集めそうなのが、同イベント初となるエコプロジェクト「MOTTAINAI JIYUGAOKA 07 ~本を森に帰そう~」。駅前ロータリーエリアに設置された「Ecoブース」へ自宅にある読み終わった本を寄贈してもらい、東京古書組合の古本市場へ出品。売上金額に応じて、東京都都市緑化基金や緑化運動を行うNPO団体などへの寄付を計画している。

 寄付を受け付ける古本の種類については、「書店で販売されている本」を基本とし(フリーマガジン、フリーペーパーなどは対象外)、1冊からでも寄付が可能。古書持参者には、抽選で100人に自由が丘限定キャラクターがデザインされた「ホイップるんエコバック」を、抽選に外れた先着1,000人に「イチゴの種」をプレゼントする。

 各イベントの詳細は、同商店街振興組合公式サイトやイベント期間中に配布する公式パンフレットで告知する。

自由が丘オフィシャルガイド

  • はてなブックマークに追加