買う

自由が丘・日本製雑貨セレクト店で革製品プロダクト展

「m+」のプロダクトから、折り重ねた革を一枚革で巻きとめた財布「ミッレフォッリエ」シリーズ

「m+」のプロダクトから、折り重ねた革を一枚革で巻きとめた財布「ミッレフォッリエ」シリーズ

  • 0

  •  

 日本製雑貨とアパレルのセレクトショップ「katakana(カタカナ)自由が丘店」(世田谷区奥沢5、TEL 03-5731-0919)で現在、「m+ エムピウ 村上雄一郎の仕事展」が開かれている。

イタリア語で「巻物」と名付けられた一枚革のペンケース「ロトロ」

 「m+( エムピウ)」(台東区)は、元・一級建築士で革職人・村上雄一郎さんが手掛ける革製品ブランド。村上さんの「m」にプラスを付けたブランド名は、「『作り手+誰か』によって物が完成する」の意味。本場イタリア製皮革で作る財布やペンケースなどのプロダクトは、機能美を追求したデザイン性の高さで多くのファンを持つ。

[広告]

 2011年から同ブランドを取り扱っている同店。折り重ねた革を一枚革で巻きとめた形からイタリア語で「1000の紙葉」を意味する財布「ミッレフォッリエ」などの代表作が中心だが、今回は通常展開していないシリーズやカラーも特別に取りそろえる。

 主なラインアップは、財布(1万2,600円~)、カードケース(6,300円~)、ペンケース(4,200円~)のほか、バッグ、キーケース、ブックカバーなど。

 自身も愛用者という店主の河野純一さんは、同ブランドの一番のポイントは「育つ」ことだと話す。日々使い込むごとに革の色合いが深く濃くなり、つやも出てくるという。

 「買ったばかりの新品が一番良いのではなく、時がたつにつれてどんどん魅力的になっていく。ぜひ長く使い込んで世界に一つだけのモノに育ててみてほしい」とも。

 営業時間は11時~20時。第1・3水曜定休。2月28日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース