3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

自由が丘にNYスタイルのカフェダイナー 名物屋台料理やアパレル雑貨も

NYの屋台料理メニューやアパレル・食品雑貨などをそろえるカフェダイナー「NEW NEW YORK CLUB 自由が丘本店」外観

NYの屋台料理メニューやアパレル・食品雑貨などをそろえるカフェダイナー「NEW NEW YORK CLUB 自由が丘本店」外観

  • 0

  •  

 自由が丘北口にカフェダイナー「NEW NEW YORK CLUB(ニューニューヨーククラブ) 自由が丘本店」(目黒区緑が丘2、TEL 03-6459-5669)がオープンして2カ月が過ぎた。運営はエヌツーワイシー(品川区)。

NYの屋台で定番のメニューを再現した「チキンオーバーライス」

 米ニューヨークのベンダー(屋台)で定番の「チキンオーバーライス」などのフードやドリンクメニューをメーンに、ニューヨークのアパレル・食品雑貨などもそろえる同店。アメリカのスポーツやドラマ、ブラック・カルチャーなど「ニューヨーク大好き」という友人4人が集まり、「ニューヨークの空気が感じられる店を作りたい」と出店した。

[広告]

 場所は自由が丘北口・すずかけ通り沿いの路面で、旧「BLOOM'S」跡。店舗面積は40平方メートル。店内はテークアウト用カウンターとイートインカウンター7席を設け、木材の風合いを生かした床やカウンターに白い内壁とタイルを合わせてナチュラルモダンな雰囲気に仕上げた。

 フードメニューは「食べてホッとするコンフォートフード」をコンセプトに、現地の味を試行錯誤しながら再現したという。ジャスミン米のターメリックライスの上にゆでた鶏肉と自家製ヨーグルトソースをかけた「チキンオーバーライス」、週末限定「チリビーンズライス」(以上850円)、キムチなどのトッピングも追加できる「グリルドチーズサンドイッチ」(500円、トッピング=100~200円)などの各種サンドイッチ、「チョップドサラダ」(900円)など。

 ドリンクは、奥沢「ONIBUS COFFEE」が焙煎(ばいせん)したシティーブレンドのコーヒー豆でいれる「ドリップコーヒー」(ホット、アイス=各350円)やアイスクリームフロート(500円)、自家製レモネード(450円)の夏季限定メニューも。アルコールはニューヨーカーに愛されているクラフトビール「ブルックリンラガー ドラフト」(850円)、カクテル「ブルックリンボール」(600円)など。

 マフィンなどの自家製ペイストリーも常時2~3種類そろえ、クッキーでアイスクリームをサンドした「アイスクリームサンドイッチ」(夏季限定、600円)などのデザートメニューも提供する。(以上、税別)

 そのほか、現地で定期的に買い付けるというトートバッグなどアパレル雑貨も販売する。ニューヨーク発カジュアルバッグ「MELO(メロ)」の各種ナイロンバッグや、ポートランド発のオーガニック石けん「CAMAMU SOAP(カマムソープ)」など「女性向け」ギフト商品も。

 店主の振角勇輔さんは「当店は小さな店だが、日常が楽しくなるような刺激と、われわれのフットワークを使って集めた最新のニューヨークの情報を提供していきたい」と話す。今後はイベントやアパレル雑貨のオンラインショップの展開も予定する。

 営業時間は11時30分~22時(日曜・月曜・祝日は20時まで)。火曜定休。

Stay at Home