食べる 買う

自由が丘「サニーヒルズ」が「食べる」フルーツティー販売へ 台湾紅茶×フルーツの新商品

クリアカラーの専用ボトルで提供する「SunnyHillsのフルーツティー」

クリアカラーの専用ボトルで提供する「SunnyHillsのフルーツティー」

  •  
  •  

 台湾発パイナップルケーキ専門店「SunnyHills To-Go at Jiyugaoka(サニーヒルズ トゥ-ゴー 自由が丘)」(世田谷区奥沢5、TEL 03-6421-1330)が7月14日、新商品「SunnyHillsのフルーツティー」の販売を始めた。

 台湾の伝統菓子・パイナップルケーキのブランド「SunnyHills」のテークアウト専門店として今年4月にオープンした同店。店内の併設ティースタンドで提供する初のテークアウトドリンクメニューとなる同商品は、台湾産の高級紅茶「紅玉紅茶」をベースに、無添加のフリーズドライフルーツ5種類とパッションフルーツを加えて「食べておいしい新感覚のアイスフルーツティー」に仕上げた。

[広告]

 栽培技術が難しいことから台湾国内でも供給が追いつかないという紅玉紅茶は、ミントのような爽やかな香りと、ほんのり甘い味が特徴。同店を運営するサニーヒルズジャパン(港区)は「紅玉紅茶にフリーズドライ加工したイチゴ、キウイ、マンゴー、リンゴ、パイナップルを加えることで、紅茶の味わいはそのままにフルーツの濃厚な甘みと食感も同時に楽しめるようにした」と話す。「パッションフルーツは紅茶とフルーツの味わいやバランスを整えるため、仕上げに加えている」とも。

 「今までにない新しいフルーツティーにするためにこだわった」という専用ドリンクボトルは、お茶を味わいながらキューブ状にカットされたフルーツも全て食べられるよう、紅茶とフルーツが一緒に口の中に入るサイズの飲み口で、持ち運びに便利なふた付きで提供する。

 「小腹が空いたときにも満足感が得られる食べておいしいフルーツティーは、街歩きが楽しい自由が丘散策のお供にお薦めしたい」とも。価格は350ミリリットルで650円。

  • はてなブックマークに追加