学ぶ・知る

駒沢「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティア募集 応援席・昼食用意

昨年同所で行われた「パラ駅伝」第3回大会の様子

昨年同所で行われた「パラ駅伝」第3回大会の様子

  •  
  •  

 日本財団パラリンピックサポートセンター(港区、以下パラサポ)が現在、駒沢オリンピック公園陸上競技場(世田谷区駒沢公園1)で来年3月24日に開催する「パラ駅伝 in TOKYO 2019」の運営をサポートするボランティアを募集している。

「パラ駅伝」は多くのボランティアスタッフが大会運営をサポートする

 2015年に同所で始まった「パラ駅伝」は、障がい者ランナーと健常者ランナーが9人(伴走ランナー1人含む)がチームとなり、たすきをつないでゴールを目指す。昨年の第3回大会では過去最高となる1万7100人の観客が来場し、パラサポ・スペシャルサポーターの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが応援に駆け付け、駅伝最終走者と伴走するなど盛り上がりを見せた。

[広告]

 今回の第4回大会には、全国16都道県から17チームの参加が決定。合わせて、海外からはカンボジアチームが参加し、全18チームがたすきをつないでいく。

 ボランティアの業務内容は、バックスタンド入場ゲートでの来場者対応や入場チケットのもぎりを行う「バックスタンド側来場受付」と、コンコースで来場者を誘導する「コンコース誘導」のホスピタリティ業務で、2種類で合計100人を募集する。

 参加者は各業務(10時30分~12時45分予定)終了後、 ボランティアスタッフ応援席のチケットと昼食が支給され、参加チーム・参加選手の応援(13時30分~14時30分)も行う。

 応募締切は1月15日まで。定員数以上の申し込みがあった場合は抽選で、ボランティア内容を事前に選ぶことはできない。参加に当たっては、事前説明会への出席が必須となる。申し込みは「パラ駅伝 in TOKYO」公式サイトで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加