見る・遊ぶ

奥沢で「ライブ藍染」 徳島の藍染師が持ち込んだ衣類をその場で染め加工

藍師・染師「WATANABE’S」の渡邉健太さんがその場で染め加工する「ライブ藍染」(写真はイメージ)

藍師・染師「WATANABE’S」の渡邉健太さんがその場で染め加工する「ライブ藍染」(写真はイメージ)

  •  
  •  

 徳島の藍染師によるイベント「ライブ藍染」が10月12日・13日、アウトドアスポーツ用品店「2doors(ツゥドアーズ)」(世田谷区奥沢6、TEL 03-3705-7578)で行われる。

 来店するのは、阿波藍の産地として知られる徳島県上板町を拠点とする藍師・染師「WATANABE’S」の渡邉健太さん。藍の栽培から、藍の葉を発酵させた染料・●(すくも、●は草冠に「染」)作り、染色、仕上げまでを一貫して行い、古き良き日本の藍文化を守りながら「新たな機軸で藍を伝えたい」と国内外で活動を展開している。

[広告]

 イベントでは、来店客が持ち込んだシャツやTシャツ、トートバッグ、キャップ、スニーカーなどを渡邉さんがその場で藍染加工を施す。染め加工したものは持ち帰ることができる。

 基本料金は、手拭い、靴下、エコトートバッグ、キャップ=3,000円、トートバッグ(帆布、コットンダック)、半袖Tシャツ、スニーカー=4,000円、長袖Tシャツ、長袖シャツ、ワンピース=5,000円、スウェット、パーカ類=1万2,000円。

 アイテムの生地質や厚みで藍染加工ができないもの、追加料金がかかる場合もある。そのほか、開催当日に同店で購入したアパレル商品を藍染加工することもできる(1,000円)。

 「お気に入りだったが最近着なくなってしまったTシャツやキャップ、トートバッグなどを、天然で上質な藍染でアップデートしてみては」と同店。

 開催時間は両日とも11時~16時。荒天中止。天然藍を使うため、藍染液が無くなり次第終了。 持ち帰り用ビニール袋の持参が必要。

  • はてなブックマークに追加