食べる 買う

目黒通りの「西友」がDIY専門店から食品スーパーに業態転換 

新たに食品スーパーとしてオープンする「西友深沢目黒通り店」

新たに食品スーパーとしてオープンする「西友深沢目黒通り店」

  • 53

  •  

 スーパーマーケット「西友深沢目黒通り店」(世田谷区深沢8)が4月28日、目黒通りにオープンする。運営は西友(北区)。

[広告]

 1981(昭和56)年、DIY(日曜大工)専門店「西友DAIK(ダイク)深沢店」としてオープンした同店。住宅街で大型ホームセンターのない同エリアでは近隣住民の利用も多く、1989(平成元)年に「西友深沢店」に名称変更後も営業を続けてきたが、昨年12月に営業を終了した。

 食品スーパーとして業態および名称を変更しオープンする「西友深沢目黒通り店」は、目黒通り沿いのマンション1階部分にある。

 売り場面積は1406平方メートル。取り扱い品目は、地場商品もそろえる野菜・鮮魚・精肉の生鮮食品や総菜のほか、電子レンジで加熱するだけで食べられる食品や冷凍ミールキット、健康を意識したヘルシーフードなどを集めた「デイリー食品」、大豆ミートを中心とした植物由来商品やギルトフリー商品を展開する「加工食品・菓子」など。

 「少量サイズの商品を集積し、個食ニーズに対応する」(同社)という総菜部門では、ヘルシー弁当のコーナーやピクルス、ジュレなどのコーナーを充実。同店限定商品の巻きずし「具材を味わう中巻」は、ネギトロ巻きや照り焼きチキン巻きなどを店内キッチンで調理して提供する。

 店内は、「高まる冷凍食品需要に対応するため」(同社)として従来の扉付き冷凍食品陳列棚に加え、カバー付きの平ケース陳列台も配置して冷凍食品売場を拡大。「レジ待ち時間の短縮」対策では、有人レジ(1台)と合わせてセミセルフレジ(3台)、スグレジ(=セルフレジ、9台)を導入する。

 同社は「(同店は)周辺に戸建てやマンションが密集したマーケットとなる。多様なライフスタイルにお応えできるよう、鮮度や季節感を重視した品ぞろえはもちろん、付加価値の高い商品、健康や簡便などのニーズに対応できる品ぞろえに努めたい。また『ご当地の味』をお届けする取り組みも順次進めていく」としている。

 営業時間は9時~22時45分。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース