見る・遊ぶ 学ぶ・知る

自由が丘で渡辺おさむさん展覧会「日本ガラパゴス製菓史」 日本スイーツの歴史を紹介

渡辺おさむさん展覧会「日本ガラパゴス製菓史」展示作品から「Happiness」

渡辺おさむさん展覧会「日本ガラパゴス製菓史」展示作品から「Happiness」

  • 16

  •  

 現代美術作家・渡辺おさむさんの展覧会「日本ガラパゴス製菓史」が4月29日、ギャラリー自由が丘(世田谷区奥沢5、TEL 03-6715-6551)で始まる。

【画像】渡辺おさむさんスイーツデコレーション作品から「Sweet Island」

[広告]

 渡辺さんは1980(昭和55)年、山口県生まれ。2003(平成15)年、東京造形大学デザイン学科卒。在学中から樹脂を用いて作る「スイーツデコレーション」作品を手がける。実際のお菓子作りに近い技術で作られ、クリームやキャンディー、フルーツなどを再現した作品は、カラフルで精巧なのが特徴。国内外での個展開催のほか、国内7カ所の美術館に作品がコレクションされている。

 同展名にもなっている「日本ガラパゴス製菓史」は、渡辺さんが作品制作のためにお菓子の歴史を調べる中で「日本は世界にまれに見る独自の進化を遂げたお菓子を次々と生み出している」ことに着目し、日本スイーツの歴史を編さんしたものだという。

 今回の展示では「日本ガラパゴススイーツ」をテーマに、日本でお菓子が登場する神話の時代から令和の時代に至るまでの歴史を解説したパネル約17枚を展示し、新作を含む約10点のスイーツデコレーション作品と共に紹介する。

 合わせて「最近、調理師専門学校でお菓子の歴史にまつわる授業を行うことがあった」(渡辺さん)ことがきっかけとなり、これまでの研究内容をまとめた本「日本ガラパゴス製菓史」(渡辺おさむアトリエ刊)を会場限定で販売する。「世界スイーツ日本起源説」「宗教とスイーツ」「スイーツとジェンダー」など14のテーマごとに分かれている。A5判、44ページ。価格は1,000円。

 開催時間は12時~19時(最終日は17時まで)。入場無料。5月5日まで。5月7日~15日は同ギャラリー公式サイト上で作品展示と本を購入できる「オンライン展覧会」も行う。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース