食べる

自由が丘「亀屋万年堂」がイチゴとサクラ使った春色の大福 期間限定で

大粒のイチゴを、桜葉を使ったサクラあんと淡いサクラ色の羽二重餅で包んだ「桜いちご大福」

大粒のイチゴを、桜葉を使ったサクラあんと淡いサクラ色の羽二重餅で包んだ「桜いちご大福」

  • 7

  •  

 自由が丘の老舗菓子店「亀屋万年堂 総本店」(目黒区自由が丘1、TEL 03-3717-0400)が3月1日、期間限定商品「桜いちご大福」を発売する。

[広告]

 「旬のおいしさを贅沢(ぜいたく)に味わう」をコンセプトに、旬の果物や野菜を使った「贅沢“旬”大福」を毎月、期間限定で販売する同店。3月は、静岡県産イチゴ「紅ほっぺ」と同県産オオシマザクラの桜葉を使った大福を販売する。

 「サクラの自然の美しさ」をイメージしたという同商品は大粒のイチゴを、桜葉を使ったサクラあんと淡いサクラ色の羽二重餅で包む。

 同店を運営する亀屋万年堂(横浜市)によると、「使っている紅ほっぺは甘味が強く酸味も適度にあるため、イチゴ本来の甘酸っぱさを堪能できる」という。イチゴの風味やジューシーさを余すことなく味わえるように、「イチゴを丸ごと1粒使い、あんと餅でイチゴを包む製法にこだわっている」とも。

 価格は291円。東京都と神奈川県の直営26店舗で販売する。同31日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース