自由が丘で「ポストカード展」-120人900点超の作品を展示販売

参加アーティストのすがわらあいさんが手掛けた「ARTs*LABoポスカ展05-自由が丘-」フライヤー

参加アーティストのすがわらあいさんが手掛けた「ARTs*LABoポスカ展05-自由が丘-」フライヤー

  •  
  •  

 自由が丘北口駅前にあるギャラリー「アートフォーラム ワンズ 自由が丘」(目黒区自由が丘1、TEL 03-3718-7300)で12月5日より、約120人の作家が参加するポストカード展「ARTs*LABoポスカ展05-自由が丘-」が行われる。

 同展は、自身も作家として活動するRyu Takeuchiさんが2006年に立ち上げたアートプロジェクト「ARTs*LABo(アーツラボ)」が企画・運営するもの。SNSやウェブ、口コミで集まった作家たちとともに、ポストカード展を中心にウェブイベント、テーマグループ展などを開催している。

[広告]

 開催5回目となる今回は、会場を下北沢から自由が丘のギャラリーへ移して展示スペースを広げ、過去最高となる約120人の作家が参加。出展作品は、ポップキャラクター系、ファンタジー・メルヘン系、そのほかのイラストや写真など大きく3つのジャンルに分かれ、ウォールポケットを使ってギャラリーの壁面全体に展示する。来場者は、気に入った作品があればその場でポケットから在庫作品を取り出して1枚150円で購入することができるなど、一般的な作品展でありがちな展示と販売との距離感を縮めたのも特徴。

 ポストカード展のきっかけについて、Ryuさんは「ポストカードを作るアーティストは多く、またポストカードを集めるアート好きも多いことから、どちらにもわかりやすいアートへの入り口として企画した。今回は作家ひとりあたり8種類のポストカードを出品予定なので、来ていただいた方はその量感に圧倒されるはず。ぜひゆっくりと見て楽しんでいただければ」と話す。

 期間中、アーティスト同士や来場者がお茶を楽しみながら作品について語り合う「交流会」(7日、15時~17時)を予定。「参加アーティストにとって『ポスカ展』は自分の活動を広げる場。これがきっかけでプロデビューする人も出てきていることから、こうした出会いの場を設けた」(Ryuさん)。そのほか同展開催日に合わせてARTs*LABoから創刊するアート総合情報誌「LABo*Books」(500円)も販売する。

 開催時間は、平日=13時~20時、土曜・日曜=12時~20時。最終日は17時まで。 今月10日まで。

  • はてなブックマークに追加