自由が丘スイーツフェスに「お菓子の家」登場-ゲストに西村知美さん親子

小さな頃からの夢だったという「お菓子の家」から手を振る、自由が丘スイーツ大使の西村知美さん・咲々ちゃん親子

小さな頃からの夢だったという「お菓子の家」から手を振る、自由が丘スイーツ大使の西村知美さん・咲々ちゃん親子

  •  
  •  

 自由が丘の春のスイーツイベント「Jiyugaoka Sweets festa!」が5月3日スタートした。

 同日午後よりメーン会場となる自由が丘駅前特設ステージでのイベント開会式が行われ、「自由が丘スイーツ大使」に就任することになったタレントの西村知美さん・咲々ちゃん親子も出席。

[広告]

 続いて同ステージ脇の特設テントで、「自由が丘スイーツフォレスト」(目黒区緑が丘2)がプロデュースしたモニュメント「Jiyugaoka Sweets House」の除幕式が行われた。

 「Jiyugaoka Sweets House」は、ドイツのお菓子の家「へクセンハウス」を高さ2メートル大に再現したもの。家の土台や屋根には、約1カ月前から焼いて準備したドイツのクリスマスクッキー「レープクーヘン」を使い、クレープやマシュマロなど15種類のお菓子約1500ピースを飾り付けた。

 昨年に続いてお菓子の家デザイン・製作に当たった「emo cafe(エモ カフェ)」のスイーツプロデューサー横井淳子シェフは「今年はお菓子の飾りも大きめにして、立体感のある家に仕上げた。この甘い香りに誘われて自由が丘のスイーツも楽しんでいただけたら」と期待を寄せる。

 モニュメント内部に実際に入ってみた西村さんは「お菓子の家は子どもの時からの夢だった、ここに住みたいくらい。朝起きた時から甘い香りがしてきそう」と笑顔を見せた。

 スイーツマニアとしてプライベートでも自由が丘を訪れることから、同大使に任命された西村さん。「自由が丘の街を娘と歩いて楽しみたい。見かけたらぜひ声をかけて。一緒にスイーツ談義で盛り上がりましょう」とも。

 「Jiyugaoka Sweets House」の展示時間は13時~17時。テント内は立ち入り禁止だが、記念撮影は可能。期間中、お菓子の家と共に撮影した写真限定の「スマイルフォトコンテスト」も開催される。

 期間中のイベントスケジュールなどは、公式サイト「自由が丘オフィシャルガイド」で確認できる。問い合わせは、自由が丘インフォメーションセンター(TEL 03-5731-7274)まで。

  • はてなブックマークに追加