食べる

自由が丘に手作りパイの店-こだわりの「折り込みパイ」を販売

イートイン限定「焼きたてカスタードパイ」は、サクサクした食感のパイにクリームをディップしたり、パイを崩してフルーツと一緒にスプーンで食べるといった楽しみ方も

イートイン限定「焼きたてカスタードパイ」は、サクサクした食感のパイにクリームをディップしたり、パイを崩してフルーツと一緒にスプーンで食べるといった楽しみ方も

  • 0

  •  

 飲食店の経営・コンサルティングなどを手掛けるオープンザウェイ(渋谷区)は4月24日、自由が丘北口のヒロ通りに焼きたて手作りのスイーツ・パイ専門店「Bons Moments(ボン・モマン)」(目黒区自由が丘2)をオープンした。

無添加素材を使った、こだわりの「ドライフルーツパイ」

[広告]

 同店のパイは、同社・古井竜平社長の母、古井明子さんが20年以上にわたって試行錯誤を重ねて完成させた「折り込みパイ」。パイ生地を伸ばして中にバターを包み、それを延ばして折りたたむという工程を何回も繰り返す製法で、使用する食材はすべて無添加、生地はパイの種類に合わせて粉やバターの配合も変えるなどこだわりを見せる。

 ヒロ通りから路地を入ったテラス付きのビル1階部分、旧「木花咲耶 自由が丘本店」跡に出店。店舗面積は約15坪、席数は、屋外テラス席8席を含めて計22席。テラス席はペット同伴が可能。

 パイメニューは、「テークアウト&イートイン」、季節に応じて提供内容が入れ替わる「イートイン限定」の2種類を用意。

 主なテークアウト&イートインメニューは、「アップルパイ」(1ピース=490円)、「バナナレモンパイ」(450円)、「アーモンドパイ」(430円)など。現在提供中のイートイン限定メニューは、注文が入ってから焼き上げるパイにカスタード、クリーム、イチゴを添えた「焼きたてカスタードパイ」(ドリンク付き=1,100円)など。ドリンクは、「ダージリン」(550円)、「ホットコーヒー」(550円)、「自家製ジンジャーエール」(600円)などをそろえる。

 客単価は、イートイン=1,000円、テークアウト450円。スイーツ好きの学生や主婦層、小さい子ども連れやペット同伴のファミリー層の利用を見込む。

 古井社長は「友だち、家族、親戚など皆が集まって一緒に過ごす楽しいひとときという意味で『ボン・モマン』と名付けた。そこにおいしいお菓子があれば、さらに話も弾んで盛り上がる。楽しいひとときのお役に立てれば」と話す。

 営業時間は、火曜~日曜=11時~19時。月曜定休(祝日の場合は営業、翌平日休業)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース