レースをモチーフに-自由が丘の雑貨店でアンティーク調陶磁器展

やわらかく美しいひだを描く、長峰菜穂子さんのドレープ模様の陶磁器作品

やわらかく美しいひだを描く、長峰菜穂子さんのドレープ模様の陶磁器作品

  • 0

  •  

 作家ものの器と雑貨の店「オチコチ」(目黒区自由が丘1、TEL 03-3723-0104)で3月6日より、陶磁器作家・長峰菜穂子さんの作品展「Lace and Drape」が開催される。

[広告]

 1974(昭和49)年生まれの長峰さんは、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科陶磁器科卒業、茨城県工業技術センター窯業指導所釉薬研究科修了後、青年海外協力隊としてフィリピンで陶芸指導にも参加。2003年、女性作家3人による共同アトリエ「アトリエ線路脇」に築窯、現在は個展やグループ展などで活動している。

 同店では、2008年の開店当初から長峰さんの作品を取り扱っており、今回の作品展ではドレープ模様の器をメーンに、ヨーロッパのアンティークレースと併せて展示販売する。

 「長峰さんの作る渋染めの白と黒の器は、その色合いとエレガントなラインでヨーロッパの古い器のような趣が感じられる。今回はリムをレースのモチーフであしらった新作プレートもそろう予定。レースとともに長峰さんが作り出すドレープを楽しんでほしい」と同店オーナーの伊東さん。

 作品ラインアップは、プレート、ボウル、カップ、ピッチャー、はし置き、花器などの作品とヨーロッパ製アンティークレースを予定。「直前に窯炊きを終えるため、会期前日の搬入でどんな作品がそろうのか、わたしたちも楽しみ」(伊東さん)。

 営業時間は11時~19時。会期中無休。3月13日まで。初日の6日・7日は長峰さんが在廊予定。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース