見る・遊ぶ 買う

自由が丘に「軽量」自転車専門店 持ち運べる折り畳み電動アシスト自転車も

奥沢6丁目交差点近くにオープンした「LIGHT SERIES 自由が丘」外観

奥沢6丁目交差点近くにオープンした「LIGHT SERIES 自由が丘」外観

  •  

 奥沢6丁目交差点近くにある自転車専門店「LIGHT SERIES(ライトシリーズ)自由が丘」(世田谷区奥沢5、TEl 03-5755-5388)が9月17日、オープンから1カ月を迎えた。経営はジック(大阪市)。

オリジナルブランド「ライトシリーズ」の中で最軽量となる「ミラクルライト6」

 ライセンス自転車の企画販売を手掛ける同社が、「軽さ」と「コンパクト性」にこだわった軽量自転車専門店としてオープンした。オリジナルブランド「ライトシリーズ」、最小・最軽量クラスの電動アシスト自転車「ウルトラライト イーバイク トランスモバイリー」をメインに、英発祥ブランド「ハリークイン」、仏カーブランド「ルノー」などスタイリッシュなデザインの軽量自転車約70台を常時取りそろえる。

[広告]

 場所は学園通り沿いの路面店で、店舗面積は約30坪。通りに面したウインドーには折り畳み式自転車を収めた3段オープンラックを配置し、折りたたみ時の「コンパクトさ」を演出するレイアウトが目を引く。店頭には周辺公道を走行体験できる試乗車も常時用意する。

 「ライトシリーズ」の中でも最軽量モデルとなる「ミラクルライト6/ライトシリーズ自由が丘限定モデル」は、アルミフレーム、ステンレスポーク、タイヤ、防さびチェーン、ハブなどの軽量化にこだわった重量約6.7キロの折り畳み式自転車。サイズは14インチで、色はブラック、シルバーの2色を用意する。価格は5万9,800円。

 折り畳み時の高さが60センチとコンパクトな電動アシスト自転車「ウルトラライト イーバイク トランスモバイリー」は、女性でも持ち上げられる軽さ・使いやすさを追求した「持ち運ぶために作られた」モデル。約2時間の充電で、最大12キロの走行が可能なマグネット着脱式の小型モバイルバッテリー(480グラム)を登載する。価格は14インチ(重量11.9キロ)=12万4,200円、16インチ(同12.9キロ)=12万9,600円。

 特殊な三つ折り式構造で、コマ付きリアキャリア(荷台)があることで折り畳んだまま転がして移動できる「ハリークイン ローラー(限定モデル)」(16インチ=4万9,800円)も、重量は約12.6キロと軽量。マンションなどの室内に運びやすく、省スペースで駐輪できるのが特長となっている。

 同店担当者は「当社が『持ち運ぶ』ことにこだわったシリーズは車や電車に乗せやすく、旅先や輪行で自転車を楽しみたい方からのニーズが多い。開店から多くのお客さまに興味を持っていただいている」と話す。

 同社が既存展開する横浜店の購入者が世田谷エリアに多く住んでいたことから「遠くからもアクセスが良く、観光やデートのついでにも来ていただける自由が丘を選んだ。場所柄、購入客は40代~50代が中心で、ご夫婦やご家族で購入されるケースが多い」という。

 折りたたみペダルなど軽量自転車専用のドレスアップパーツもそろえ、カスタムモデルのサービスも受け付ける。「当店でしか体感できない、軽量自転車のアンテナショップとして発信していきたい」とも。

 営業時間は11時~20時。