食べる 買う

自由が丘のチーズタルト専門店が「チョコレートチーズタルト」 バレンタイン限定で

バレンタイン限定パッケージで提供する「焼きたてチョコレートチーズタルト」

バレンタイン限定パッケージで提供する「焼きたてチョコレートチーズタルト」

  •  
  •  

 自由が丘駅前の焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART(ベイク チーズ タルト)自由が丘店」(目黒区自由が丘1、TEL 03-5726-8861)が1月11日、バレンタイン限定商品「焼きたてチョコレートチーズタルト」の販売を始めた。

「ダンデライオン・チョコレート」のガナッシュを混ぜ込んだ「焼きたてチョコレートチーズタルト」のチーズムース

 今年で3回目となるバレンタイン限定商品は、米サンフランシスコ発ビーントゥーバー・チョコレート専門店「ダンデライオン・チョコレート」とコラボレーション。同店が厳選したグアテマラ産カカオ豆を使い、通常よりも大粒のカカオ豆に芯まで熱を通すことで「芯にあるブランデーのようなフレーバーが残るようにじっくりと焙煎(ばいせん)した」というガナッシュ(生チョコレート)が使われている。

[広告]

 ベイク(港区)広報室担当の小幡眞里江さんによれば、昨年同社が米サンフランシスコに出店した際、同所を拠点とするダンデライオン・チョコレートの「丁寧なものづくりやおいしさへの追求といった思いが一致した」ことから限定コラボタルトを現地で販売している。「今回の商品はそのタルトとは別フレーバーだが、ダンデライオン・チョコレートを使ったタルトを日本のお客さまに試食してもらったところ『誰からも好評を得られそう』という感触があった」と言う。

 ガナッシュをムースに混ぜ込んで焼いたチーズムースを一口食べると、焦がしキャラメルのような深いコクがあり、後味にはカカオ豆の持つフルーティーな酸味が感じられるという。クッキー生地にもココアパウダーを練り込み、タルトだけで1回、ムースをのせてもう1回と「2度焼き」することでサクサクの食感に仕上げている。

 同商品の販売に合わせ、「From hands to hands」をコンセプトにしたバレンタインプロモーションを行い、「ダンデライオン・チョコレートのテイストからインスピレーションを受けてデザインした」というクラフト感のある限定パッケージで販売する。通常の「6個用」ボックスに加え、バレンタイン用プチギフトとしても使える「1個用」ボックスも用意する(提供開始時期はSNSで告知)。

 価格は1個280円。販売は2月14日まで(数量限定商品、なくなり次第終了)。

  • はてなブックマークに追加