3密を避けて新しい生活様式へ!

イスラエルの人気コスチュームジュエリーブランド、自由が丘に初の直営店

ガラスに似た透明感とポップな色合いでアメリカやヨーロッパなどでも人気を集めている「ラロ・トレジャーズ」のキーホルダー

ガラスに似た透明感とポップな色合いでアメリカやヨーロッパなどでも人気を集めている「ラロ・トレジャーズ」のキーホルダー

  • 0

  •  

 イスラエルジュエリーをメーンに輸入卸売・小売業を手掛ける「ギシュール インターナショナル」(世田谷区奥沢)は3月1日、自由が丘南口エリアに「GishuR Show Room & Shop(ギシュール ショールーム&ショップ)」(同7、TEL 03-5707-8667)をグランドオープンした。

スーパーモデルや女優の愛用者も多い「ドリ・チャングリ」のアクセサリー

 同社は、イスラエル出身のリス・エディ社長が12年前に初来日した際、日本人の敏感なファッションセンスに興味を持ったのがきっかけで創業。海外で注目を集めていたイスラエル人コスチュームジュエリーデザイナー、ラロ・オーナさんの「Lalo Tresures (ラロ・トレジャーズ)」、ドリ・チャングリさんの「Dori Cscengeri (ドリ・チャングリ)」を日本へ紹介、日本の大手百貨店やセレクトショップなどをメーンに販売展開してきた。

[広告]

 今回初となる両ブランドのショールーム兼直営店は、自由が丘南口の九品仏川緑道近くにあり、店舗面積は14.5坪。エントランスは一面ガラス張りで、「開放的な気持ちでゆっくりと自分のお気に入りのアクセサリーを探せる居心地の良い空間」(同社)に仕上げた。

 「ラロ・トレジャーズ」は、ラロさんが自ら開発したというポリエステル樹脂素材を使用したハンドメードジュエリー。素材はガラスに似た透明感があり、その軽さと独特の手触り感、ポップな色合いが特徴。人気を集めているのは、ハートや動物などをモチーフにした「携帯ストラップ」「キーホルダー」で中心価格帯は2,940円。

 「ドリ・チャングリ」は、柔らかな羊革をベースにグラスビーズやクリスタルビーズなどの素材をあしらった大胆なデザインが特徴。大きなデザインのものでも軽く、女性が身につけやすい工夫が施されている。主力商品は「イヤリング」で、中心価格帯は15,750円。

 出店理由について、同社は「『会社と顧客の皆さまとは近い距離にあるべき』との考えから、もともと弊社のある自由が丘に出店を決めた。自由が丘はおしゃれな大人の街であり、アクセサリーや雑貨ショップの代名詞にもなっているエリア。出店をきっかけに、今後ますます多くの日本人の方に弊社で取り扱うプロダクトを知って楽しんでいただけたら」と話す。

 営業時間は11時~19時。

Stay at Home